印刷

アフリカツメガエル 

ピパ科 ツメガエル属 Xenopus laevis (Daudin, 1802)

 

notcreated

---

 
卵 ・ オタマ    鳴 き 声    文献 ・ 資料     写 真  

  南アフリカ原産で、生物学の実験やペットとして用いられたものが、外来種として一部地域に定着しました。

分布

 --

生態

  池や沼などに生息し、成体になっても水中からほとんど出ることはないようです。

生息場所

 湖沼など

繁殖

  -

大きさ・色

  -- 

保全情報

  • 環境省・生態系被害防止外来種(その他の総合対策外来種)

各県のレッドデータ情報

各県のレッドリストカテゴリーは、制定当時の環境省カテゴリーと同等の場合はそのままのカテゴリー名で書いています。
○はその県に生息している、---は生息していないことを示します。
*は、県独自カテゴリーを示します。

    カテゴリ   その他
北海道   ---(2004) → ---(2010) → ブルーリストh**(2019)   **北海道の外来種リスト
青森県    
岩手県    
宮城県    
秋田県    
山形県    
福島県    
茨城県    
栃木県    
群馬県    
埼玉県    
千葉県    ○  
東京都(区部)    
東京都(北多摩)    
東京都(南多摩)    
東京都(西多摩)    
神奈川県    
新潟県      
富山県    
石川県    
福井県    
山梨県    
長野県    
岐阜県    
静岡県    ○  
愛知県    
三重県    
滋賀県    
京都府    
大阪府    
兵庫県    
奈良県    
和歌山県    ○  
鳥取県    
島根県    
岡山県    
広島県    
山口県    
徳島県    
香川県    
愛媛県    
高知県    
福岡県    
佐賀県    
長崎県    
熊本県    
大分県    
宮崎県    
鹿児島県    ○  
沖縄県    

ハペ文化

地方名

-

ハペ文化

-

その他

-

 

文献・資料

書籍

  • カエル探偵団編, 2020, 見つけて検索!日本のカエルフィールドガイド, 文一総合出版, 東京

学術論文

著者, 発行年, 論文タイトル, ジャーナル名, 巻号, ページ

原記載(1802年)

  • Daudin, F.-M. 1802 "An. XI". Histoire Naturelle des Rainettes, des Grenouilles et des Crapauds. Quarto version.  Paris: Levrault.

最新記載(1998年)

  • Kobel, H. R., B. Barandun, and C. H. Thiebaud. 1998. Mitochondrial rDNA phylogeny of Xenopus. Herpetological Journal. London 8: 13–17.

ウェブ・メディアなど

  • ウェブ名称など, URL
  • 新聞など媒体名, 発行年月日, 記事見出し, (URL)

その他

  • その他